FX初心者にはスワップポイント目的の長期投資

預貯金の利子が少なくなかなかお金が貯まらないことを友人に話すと、FXについて教えてくれました。

FXについては名前は聞いたことがある程度でなんだか難しく感じていましたが、友人にわかりやすく取引の説明を聞いて自分もやってみたい気持ちになってきました。

自宅に帰り早速FX業者を調べてみると思った以上にたくさんの業者があり口座開設先を迷いましたが、キャッシュバックの額が大きい業者に決めました。

口座への入金はネットバンクを使えば自宅で入金が完結し、すぐに取引を始めることができます、私の取引スタイルはスワップポイントの狙いの取引なので、長期間の投資になります。

スワップポイントは預貯金の金利のようなもので国同士の金利差を利用した投資です。日本は金利が他国に比べて低くこの投資法が有効なので始めてみなした。

特にオーストラリアやトルコ、南アフリカ等の新興国は金利が高く魅力的な国が多いです。

やはり株の配当金目的と同じような物が、FXではスワップポイントだと言えます。

配当金なら大会社でも年1回で、稀に2回の所もあると思います。一方でFXのスワップポイントならば、最低の1万通貨の購入でもほぼ毎日配当金のような金利が貰える事になります。

取引量や通貨、または証券会社によって違いますが、多くの人がよく利用しているのが豪ドルやNZドルと円の取引で、これによって40円ほど最低でも貰える事になります。

これが1ヶ月なら、1200円ほどなので馬鹿にする事は出来ません。なぜなら、最低の1万通貨で1200円なので1年なら1万4000円ほどになります。
株の配当金で考えると5万円の購入で1万4000円も貰えるところは皆無だと言えます。

ひとつ気をつけるのは、FXを通貨を建てる際に「買い」と「売り」というものがあり、これを逆に建てるとマイナススワップで逆に毎日金利を支払うことになり、マイナス40円ほどになってしまいます。
さらに、建てた予想と逆に動くと損失を抱えてしまうので注意が必要です。

今後円高が進むと予想し、売りを中心にした取引をしたい方は、なるべくマイナススワップ金利の低いFX会社を探して、ショート戦略を実行するのも有効な選択肢となりそうです。

逆にスワップ狙いで長期的な外貨投資をお考えの方は、なるべく「買いスワップ」の高い業者を選びましょう。

スワップ派のトレード手法や特徴、オススメのFX会社を選ぶ基準の参考にしてみてはいかがでしょうか?

参考:各社の最新スワップポイント比較表 -スワップとは?その仕組みも解説 | FX比較マネー

インターネットでFXについて利益を出す方法については為替の変化で利益を出すという場合とスワップポイントで利益を出すと二つの方法があると書いてあることが多いです。

しかし、あまり大きな金額を投資できない一般の投資家がスワップポイントに期待してFXをすることがあるでしょうか。

ほぼ100%の個人投資家は為替による利益を狙っているのであって、スワップポイントに期待している人はいないのは常識です。もちろんスワップポイントを期待しても悪いというわけではありませんが、大きな投資で長期投資でなければおまけ的な感覚しか持っていないでしょう。

あまり多額でない資金で大きな利益を出すことが可能であったのがFXの最大の魅力であったのですが、日本のFX業者ではレバレッジ規制の為に25倍までのレバレッジになりました。

25倍が多いか少ないかは人それぞれでしょうが、FXの魅力が減ったということだけは確かになったといっていいと思います。

今後はさらに投資額を増やしてスワップをたくさんもらえるようにしていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です